お気に入りに追加
 
 

花別種まき育苗方法(ニチニチソウ)

 ニチニチソウ(日々草)とは?

初心者には・・
花の特徴
花径約4〜6cmの花が株いっぱいに咲きます。 草丈は25cm程度です。真夏の炎天下や乾燥期でも休まず咲き続けます。 花色は赤、白、ピンクなどです。
種は2mmほどで、ゴマ塩のゴマのようです。
最近はラベンダー色など花色もカラフルになってきました。
花壇でもプランターでもOKです。寄せ植えにも最適です。



 まき時

種袋の説明では「八重桜が開花するころからが種まきの適期です。」となっています。 私は岡山南部に住んでいますが、毎年4月上旬にまきます。



 まきかた

@ 私はニチニチソウは2cm角のプラグトレーにまきます。 レジャーシートを敷き、プラグトレーに種まき用土をふちまでいっぱい入れます。 ニチニチソウは5mmほど土をかけますので、上から別のプラグトレーを重ね、5mmほど土を押し下げます。 指で押し下げてもいいですよ。

A

ニチニチソウの種は2mmほどです。 私はプラグトレーの1つの区画に1粒ずつまきます。 指でつまんでもまけますが、私はつまようじの先を少し濡らして1粒ずつまきます。 1粒ずつまくのが面倒な方は、数粒まいて発芽後1本に間引きます。
B
種をまき終わったら、多めに土をかけます。 土をすこしだけ押し、種を落ち着かせた後、余分な土を手で払い取ります。 土は少々盛り上がっても水やりすると下がります。 プラグトレー
C 水やりは、スプレーで行います。 トレーの数が多いときは右のような噴霧器があると便利です。
静かにじょうろで与えてもいいですが、土が十分に吸水して落ち着くまでせめて数日間はスプレーの方が安全です。 土が落ち着くと土の面が少し下がります。


D

平鉢や箱にもまけます。
平鉢や箱に土を入れ種をばらまきし、5mmほど土をかけます。
土をかけ終わったらたっぷりと水やりします。
底面吸水がベストです。
嫌光性種子なので新聞紙をかぶせても乾燥を防げます。
ジフィーセブンやポットまき、ビート板にもまけます。ジフィーセブンやポットの場合、鉢上げの手間は省けます。
プラグトレーや鉢、箱は地面に直接置かないでください。地面に置くと根が地面の中に伸びてしまいますし、害虫が侵入したりします。

 移植(鉢あげ)

 発芽した姿
@ 10日前後で発芽が始まります。
ニチニチソウは発芽した茎の色で大体の花色がわかります。
左写真の左側のピンク色の茎の物は赤系の花、右側の白い茎の物は白系の花が咲きます。
A 種まきから1ヶ月足らずで本葉が4〜6枚ほどになります。
このころが移植(鉢上げ)の適期です。

私の植え替え方法は、下の写真で
@植え替え用土を用意します。写真の物は20L入りです。 これで、9cmポット約80個できます。
Aビニールシートに土をあけ、元肥の化成肥料を混ぜ込みます。
  写真のシートは4隅のボタンを留めると袋状になります。
  土を混ぜたりゴミを集めたり非常に便利です。
B植え替える苗の数だけポットに土を詰めます。余った土は商品袋に返します。
Cポットの中央にプラグの大きさに指で穴を開け、苗を植えます。


Dできあがり。たっぷり水やりを。
プラグトレーから苗を抜くときは、プラグの側面を少しつまみながら抜くと抜きやすいです。 あまり強く押すと割れてしまいます。私も時々割っちゃいます。

 
スポンサードリンク

 定植

@ 気温の上昇とともに一気に成長します。(左写真)
本葉が6〜8枚くらいで定植します。
日当たりと水はけ、風通しの良い場所を好みますので、株間はやや広めにします。
A 一般的な60cmのプランターには
3本〜5本
鉢植えは15cm鉢に1本
花壇には右のように千鳥植えで。
間隔は20〜30cmで。

定植時 開花時
左の写真は株間約20cmです。 小苗の時に苗の先端を摘むと(摘心)、脇芽が伸びてこんもりとした株になります。 摘んだものは捨てないで土に挿しておくと簡単に根付きます。

 定植後の管理

水やり
乾燥気味の管理を好みます。水やりが多すぎると徒長したり根腐れを起こします。
プランター、鉢植えでは表土が乾いたらたっぷりと水を与えます。

肥料
肥料はやや多めに与えます。
1週間に1度、水やり代わりに薄めた液体肥料を与えます。
緩効性肥料を株元に一ヶ月に一度、追肥します。

その他
花が咲きながら育っていく特性がありますので、分枝の切り戻しを繰り返すと育ちながら花が咲きます。 草姿が乱れてきたら切り戻します。
ニチニチソウ(日々草)の種(YAHOO! ショッピング)


ホームへもどる   「花別種まき育苗方法」目次へもどる



 ご意見・ご要望をお待ちしております。

このサイトのサーバーはロリポップ!レンタルサーバー です。