お気に入りに追加
 
 

花別種まき育苗方法(マリーゴールド)

 マリーゴールドとは?

初心者には・・
花の特徴
大きさは3cm程の小輪系から7cmくらいの大輪系まであります。
草丈は小輪系で20〜30cmほど、大輪系では40cmを超えます。
花色は黄、オレンジ、赤など。黄と赤が混ざった物もあります。
八重咲きが主流ですが一重咲きもあります。
種は長さが1cmあまりの大きな種です。
発芽率は非常に良く、種まき初心者には最適です。
60cmプランターでは、小輪系で3〜5株、大輪系で2〜3株が適当。



 まき時

種袋の説明では「発芽に適した地温は20〜25℃です。八重桜の咲くころから初夏のころまでがタネまきの適期です。」となっています。 私は岡山南部に住んでいますが、毎年3月上旬にまきます。種袋の説明より約1ヶ月早いようですが、 きちんと発芽します。



 まきかた

@
私はマリーゴールドは3cm角のプラグトレーにまきます。
レジャーシートを敷き、プラグトレーに種まき用土をふちまでいっぱい入れます。
上から別のプラグトレーを重ね、5mmほど土を押し下げます。
A
一マスに一個ずつ種をまき多めに土をかけます。 土をすこしだけ押し、種を落ち着かせた後、余分な土を手で払い取ります。 土は少々盛り上がっても水やりすると下がります。 プラグトレー
B 水やりは、スプレーで行います。 トレーの数が多いときは右のような噴霧器があると便利です。
静かにじょうろで与えてもいいですが、土が十分に吸水して落ち着くまでせめて数日間はスプレーの方が安全です。 土が落ち着くと土の面が少し下がります。



C

平鉢や箱にもまけます。 5cmほど間隔をあけて、2粒位ずつ点まきします。 この場合はあまり数はまけないと思います。 余った種は茶封筒などに入れて冷蔵庫で保管しましょう。 春まきの種はまき時が長いので、一度失敗しても、又、まくことができますし、冷蔵庫で保管すれば来年まいても大丈夫です。
ジフィーセブンやポットまきもできます。この場合、鉢上げの手間は省けます。ピート板は使えません。
プラグトレーや鉢、箱は地面に直接置かないでください。地面に置くと根が地面の中に伸びてしまいますし、害虫が侵入したりします。
棚があれば一番ですが、エアコンの室外機の上などでも良いでしょう。どうしても地面に置く場合は、せめて割り箸を敷いた上で管理してください。 私は使わなくなったトレリスの四隅にレンガを敷いてその上で管理しています。(左写真) 四隅のレンガの周りには害虫駆除剤をまいてあるので害虫は上がれません。

 移植(鉢あげ)

 発芽した姿
@ 10日ほどすると発芽が始まります。 マリーゴールドは左の写真のように発芽後も種の殻をかぶったままのものが多くあります。 双葉がはさまれたままですが、可哀相だからと手で殻を取ってはいけません。 双葉も一緒にちぎれてしまいます。何日も取れなければ、ちぎった小さなティッシュを濡らして掛けておけばふやけて取れます。 発芽後は週に一回くらい液体肥料を与えます。

A

やがて、本葉が2〜4枚くらいになると、移植の適期です。 そっとプラグトレーから抜いてみて、右写真程度に根が回っていたらOKです。 根が少ないようならもう少しトレーで管理します。
私の植え替え方法は、下の写真で
@植え替え用土を用意します。写真の物は20L入りです。 これで、9cmポット約80個できます。
Aビニールシートに土をあけ、元肥の化成肥料を混ぜ込みます。
  写真のシートは4隅のボタンを留めると袋状になります。
  土を混ぜたりゴミを集めたり非常に便利です。
B植え替える苗の数だけポットに土を詰めます。余った土は商品袋に返します。
Cポットの中央にプラグの大きさに指で穴を開け、苗を植えます。


Dできあがり。たっぷり水やりを。
プラグトレーから苗を抜くときは、プラグの側面を少しつまみながら抜くと抜きやすいです。 あまり強く押すと割れてしまいます。私も時々割っちゃいます。

 定植

@ 種まきから二ヶ月くらいすると(品種にもよりますが)つぼみが付いて(左写真)花が咲き出します。(右写真)
いよいよ定植です。


A

一般的な60cmのプランターには
小輪系・・・5〜6本
大輪系・・・2〜3本
鉢植えは
小輪系・・15cm鉢に1本
大輪系・・18cm鉢に1本
花壇には右のように千鳥植えで。
後列に大輪系、前列に小輪系を植えてもおもしろいです。

鑑賞期間が長いので、プランターや鉢、植え付け場所に十分に元肥をすきこんでから定植します。
週に一度は水やりの代わりに薄めた液体肥料を与えます。

小輪系を60cmプランターに
5本植え
小輪系を小さな花壇に
千鳥植え
一ヶ月ほど経った花壇
(雑草だらけ・・・)

 定植後の管理

水やり
乾かし気味に管理します。表土が乾いたらたっぷり水やりします。あまり加湿にすると、根腐れをおこします。 ハダニがつきやすいので、葉にもたっぷりと水をかけます。
肥料
花期が長いので、肥料を切らさないように1週間に1回は薄めた液体肥料を与えます。
ただし、真夏に生育が衰えたり、花が一旦休んだ場合は肥料をやめ、涼しくなってから再び肥料を与えます。
さし芽
マリーゴールドはさし芽で簡単に増やすことが出来ます。
さし芽の方法(写真はマーガレットですが方法は同じです。)

花のついていない若枝を6〜7cm切り、下半分の葉を取り、切り口を斜めにカットします。(写真左)
2〜3時間くらい水揚げします。
(写真右)

十分に吸水した挿し芽の土や赤玉土に(写真左)2cmほどさします。 底面吸水で管理すると、2週間くらいで根付きます。 (写真右)

花後の管理
種をつけると株が弱りますので花がらはこまめに摘み取ります。
真夏の高温期には花数が少なくなり、株の姿が乱れます。8月に株を半分から1/3くらいに切り戻すと、涼しくなると、又、咲き出します。
もしくは、7月に種をまき、9月頃植え替えても良いと思います。


 


 

  マリーゴールドの種(YAHOO! ショッピング)


ホームへもどる   「花別種まき育苗方法」目次へもどる



 ご意見・ご要望をお待ちしております。

このサイトのサーバーはロリポップ!レンタルサーバー です。