お気に入りに追加
 
 

花別種まき育苗方法(インパチェンス)

 インパチェンスとは?

初心者には・・
花の特徴
花の大きさは4〜5cm。
草丈は約30cm。
花色は白、オレンジ、赤、ピンクなど。
一重咲きが主流ですが八重咲きもあります。
種は1mmほどの微細種です。
夏の陽当たりより半日陰を好みますので、日陰になる花壇でも栽培できます。
株間を約30cmあけて植え付けます。



 まき時

種袋の説明では「発芽適温は25℃前後と高く、八重桜が咲くころがタネまきの適期です。」となっています。 私は岡山南部に住んでいますが、毎年3月下旬にまきます。種袋の説明より少し早いようですが、 きちんと発芽します。



 まきかた

@ 種は1mm程度の微細種です。
私はインパチェンスは平鉢にまきます。
平鉢に種まき用土を入れ、種をばらまきにします。
平鉢の種まき方法の詳しくはこちらをご覧下さい。
プラグトレーやポット、ピート板などにまいてもOKです。
プラグトレーやポットは数粒ずつ点まきに、ピート板は平鉢と同じくばらまきにします。
A インパチェンスは好光性種子なので、どの資材にまいても土はかけません。
平鉢にまいた場合は鉢のふちを軽〜くトントン叩いて種を落ち着かせます。
B 水やりは、底面吸水で行います。 左の図のように新聞紙をかけるように記載がある種袋もありますが、底面吸水で乾かさなければ必要ありません。 かえって、光をさえぎり、発芽が遅れるような気がします。 私の底面吸水法
プラグトレーや箱にまいて、底面吸水できない場合は、朝夕たっぷりと水やりを行い、発芽まで決して乾かさないように管理しなければなりません。 その場合は、吸水はスプレーや噴霧器で行います。じょうろで水やりを行うと種が流されてしまいます。
雨に当てても種が流されるので注意が必要です。
やはり、底面吸水できる平鉢やピート板が管理が楽で良いと思います。

 移植(鉢あげ)

 発芽した姿


@ 10日ほどすると発芽が始まります。 2週間ほどすると本葉が出始めます。私はこの頃から大きくなったものから順にプラグトレーに移植します。 たくさんの色の種が入ったミックスの種をまいた場合に注意するのは、大きくなったものだけ移植して他を捨てないことです。 色によって発芽に要する時間が違う場合があります。 早く発芽したものだけ育てると色がかたよる場合があります。 早く発芽したものを植え替えても、残りの種もしばらくは様子を見て、後から発芽したものも育てると色にかたよりが出ません。

←プラグトレーに植え替えた苗
 小さい方が植え替えは簡単です。


A

プラグトレーに植え替えたら、週に一度程度、液体肥料を与えます。 水やりは、じょうろで大丈夫です。
やがて、本葉が2〜4枚くらいになると、移植の適期です。
私の植え替え方法は、下の写真で
@植え替え用土を用意します。写真の物は20L入りです。 これで、9cmポット約80個できます。
Aビニールシートに土をあけ、元肥の化成肥料を混ぜ込みます。
  写真のシートは4隅のボタンを留めると袋状になります。
  土を混ぜたりゴミを集めたり非常に便利です。
B植え替える苗の数だけポットに土を詰めます。余った土は商品袋に返します。
Cポットの中央にプラグの大きさに指で穴を開け、苗を植えます。


Dできあがり。たっぷり水やりを。
プラグトレーから苗を抜くときは、プラグの側面を少しつまみながら抜くと抜きやすいです。 あまり強く押すと割れてしまいます。私も時々割っちゃいます。

 定植

@ 種まきから約二ヶ月(左写真)。 つぼみがつきだしました。(右写真)
いよいよ定植です。


A

一般的な60cmのプランターには
3本〜5本
鉢植えは15cm鉢に1本
花壇には右のように千鳥植えで。
間隔は20〜30cmで。


夏の陽当たりは苦手で花が咲かなくなったり、最悪は枯れてしまいます。明るい日陰では次々花を咲かせます。 耐暑性は非常に強いですが、直射日光の当たるところよりも半日陰や木陰の環境を好むようです。

壁掛け鉢に定植 花が咲きました 木陰の花壇

 定植後の管理

水やり
乾燥を嫌い、やや湿り気のある場所を好みます。水やりは日差しの強い日中を避けて夕方にたっぷりと行います。 陽当たりの花壇では敷きわらなどを行い、地面の乾燥を防ぎます。
肥料
花期が長いので、肥料を切らさないように1週間に1回は薄めた液体肥料を与えます。
ただし、真夏に生育が衰えたり、花が一旦休んだ場合は肥料をやめ、涼しくなってから再び肥料を与えます。
さし芽
インパチェンスはさし芽で簡単に増やすことが出来ます。
5月から7月くらいに行います。
さし芽の方法(写真はマーガレットですが方法は同じです。)

花のついていない若枝を6〜7cm切り、下半分の葉を取り、切り口を斜めにカットします。(写真左)
2〜3時間くらい水揚げします。
(写真右)

十分に吸水した挿し芽の土やバーミキュライトに(写真左)2cmほどさします。 底面吸水で管理すると、簡単に根付きます。 (写真右)

花後の管理
種をつけると株が弱りますので花がらはこまめに摘み取ります。
真夏の高温期には花数が少なくなり、株の姿が乱れます。8月に株を半分から1/3くらいに切り戻すと、涼しくなると、又、咲き出します。
 
インパチェンスの種(YAHOO! ショッピング)


ホームへもどる   「花別種まき育苗方法」目次へもどる



 ご意見・ご要望をお待ちしております。

このサイトのサーバーはロリポップ!レンタルサーバー です。