お気に入りに追加

2009年の種まき育苗の記録


ビオラ



 2009年8月23日 種まき

今年用意した種は「サカタのタネ」の
ビオラ ペニー ピーチジャンプアップ(上左写真)と
ビオラ ペニー プリムローズバイカラー(上右写真)です。
通販で購入しましたが、種袋は簡易袋です。 簡易袋には育て方が記載されていません。
初心者にはちょっと難しい気がしますが、「サカタのタネ」のホームページには詳しい育て方が記載されています。
「サカタのタネ」の育て方のページ→ビオラの育て方
(「スーパービオラターコイズ」という品種ですが育て方は同じです。)
ビオラの種はちょうどゴマ粒くらいの大きさです。
写真はパンジーの種ですが、大きさや形はほとんど同じです。
種まき用土もホームセンターで購入です。
数をまかないのなら、こんなに大きなものは不必要です。
種まき方法 パンジーと同じです。
@ (上写真左)
私はビオラの種まきには各マスが3cm四方のプラグトレーを使います。
まずは、プラグトレーにたっぷり用土を入れます。
A (上写真右)
余分な土を払います。
写真の水色のシートは、四隅のボタンを留めるとトレイに変わる便利グッズです。四隅にベルトもついていて土や抜いた雑草の運搬にも使えます。
私は知り合いにいただきましたが、 YAHOO!ショッピングのこちら でも販売されています。
B (上写真左)
カラのプラグトレーを上に重ね、少し押し下げます。
C (上写真右)
用土の表面にまき穴ができます。
プラグトレーを使わなくても、指で1〜2mm用土を押し下げてもOKです。
D (上写真左)
種を一粒ずつまきます。
一粒ずつが面倒な人は、数粒まいて発芽してから間引いてください。
E (上写真右)
用土を薄く(1〜2mm)かけます。
スプレーでたっぷりと水やりをします。
発芽までは乾かさないようにします。
プラグトレーがなくても、平鉢やピートバン、いちごパックなどにもまけます。
ピート板へのまきかた  平鉢・箱へのまきかた

 2009年8月28日 発芽

種まきから5日目で発芽しました。
まだ数本ですが、発芽が始まるとうれしいものです。
ナメクジはこの双葉が大好きです。 しっかり防除しないと一晩で全滅することもあります。
水やりも欠かさずに、発芽までは乾かさないようにします。

 2009年9月9日 本葉成育中

種まきから17目の様子です。
発芽率はパンジーより少し悪いようです。6割くらいでしょうか。
午前中、日が当たる場所に移動しました。

 スポンサードリンク


このページの次回更新予定

ポット上げの頃、更新します。




ホームへもどる   「種まき育苗の記録」目次へもどる

 ご意見・ご要望をお待ちしております。

このサイトのサーバーはロリポップ!レンタルサーバーです。