お気に入りに追加
 
 

種まき育苗の記録


ミニトマト



 3月20日 種まき

三ツ矢サイダーのペットボトルのおまけに付いていた野菜ガーデニングセットです。
昨年に続き、購入しました。
@育て方ガイド
A種まきの記録用紙
B種が23個
C直径3cmほどのジフィーセブン
D3cmほどのプラスチックの鉢
この鉢に3個、残りの20個は平鉢にまきます。
種は1mmほどの大きさです。
プラグトレーやピート板にもまけます。
なければ、いちごパックなど土が3〜4cm入れば何でもいいです。 いちごパックなどは底に千枚通しなどで排水用の穴を開けます。
上写真Cのジフィーセブンの種まき
平鉢の種まき
@
付属の鉢とジフィーセブンです。(径約3cm)
A
鉢に水を入れジフィーセブンを入れます。
約3分すると
B
このようになります。
C
爪楊枝で穴を掘って、3個まきました。 爪楊枝で穴に土をかければ完了です。
@
平鉢の底穴に鉢底ネットを敷き、種まき用土を入れます。 平鉢とは下の左写真のように鉢の高さが直径より短く、平たい鉢のことです。 種まき用土は初心者は下の右写真のような用土をホームセンターなどで入手するのが良いと思います。百均にもあります。(鉢底ネットも百均にあります)
 
A
用土を入れたら種を重ならないようにばらまきします。まき終わったら土を5mmほどかけます。
B
水やりは受け皿に水を入れ、その中に鉢を入れて底面吸水します。最初は鉢の上から霧吹きで水をかけてから水を入れた受け皿に入れた方がいいです。 吸水していない種まきの土は水に浮きます。湿っていない土を入れた鉢を水を張った受け皿に入れると鉢内の土が浮き上がってきます。 土を先に湿らせてから種をまけば一番簡単ですが、手が汚れるし、濡れた手で種まきするのは種が手にくっついて面倒なので私はしません。 私は新聞紙はかけません。底面吸水なので受け皿の水がある限り乾くことはありません。日向で管理します。

 4月1日 発芽

ジフィーセブンにまいて屋内で管理した種が発芽しました。 種まきから12日目です。 昨年よりかなり遅れています。 ここ数日の花冷えのためでしょう。 3個まきましたが、全部発芽です。 平鉢にまいた種はまだ発芽していません。

 4月9日 平鉢も発芽

種まきから20日目。
平鉢にまいた種も数本発芽しました。
ジフィーセブンにまいたものより約1週間遅れです。

 4月19日 ポット上げ

種まきから30日目、平鉢の苗をポット上げしました。
根を傷めないように一株ずつに分けます。
9cmポットに化成肥料を混ぜた培養土を入れ、一本ずつ植え込みました。
ジフィーセブンにまいたものはポット上げの時期を逃して、徒長してダメになってしまいました。

 5月19日 定植

ポット苗もずいぶん生長しましたので定植します。
左写真の鉢は百均で買った8号鉢です。
去年は6号鉢に定植しましたが、少し窮屈そうだったので今年は8号鉢にしました。
元肥の化成肥料を混ぜ込んだ培養土を入れ、ポットから抜いた苗を一本定植しました。これを2鉢作りました。
ミニ畑にも2本定植しました。(写真上右)
60cmほどの支柱を立て、ビニタイで誘引します。
ビニタイは支柱にはしっかり縛り、苗は余裕を持って誘引します。
植え替えたらたっぷり水やりをします。

 6月3日 開花

種まきから75日目。
ちらほらと開花が始まりました。
どうも、徒長気味に育っているようです。
ミニトマトは開花したら花をかるく揺らしてやると受粉しやすいそうです。

 6月23日 着果

種まきから95日目。
実ができてきました。

 7月9日 もうすぐ

ようやく実が色づきはじめました。

 7月中旬〜9月下旬 ひたすら食べる!


 10月3日 そろそろおしまい

長い間楽しませてもらいましたが、そろそろお終いです。
まだ、花が咲いて実がなりますが、もう、固くて食べられません。
また、来年・・・・・。

 スポンサードリンク



ホームへもどる   「種まき育苗の記録」目次へもどる

 ご意見・ご要望をお待ちしております。

このサイトのサーバーはロリポップ!レンタルサーバー です。